FPの家 岐阜工場見学 ”さすがウレタン!”

スタッフで岐阜まで。

住宅のスタッフも増え、まだ、ウレタン断熱パネルの魅力を勉強中の若手も含め、岐阜県にあるFPパネルの製作工場へ行ってまいりました。

久しぶりに魅せて頂けた ウレタンのすごさ・魅力を再認識。

 地震にも強いパネルの木枠を組み立ててます。

これは、筋交いパネル!

 

 

 

FPのロゴいりシ-トを貼り付け。

 

 

 

 

パネルにウレタン注入  発砲!

ここで重要なのが、3トン加重をかけての加圧注入!

これにより、密度の高い、硬質ウレタンとなります。

 

日本トップレベルの 硬質ウレタン断熱パネルの完成です。

写真は、更に断熱力を高めた プラチナパネルです。

地震にも強く、家中温度差のなし。、FPの家!

 

 

 

 

 

 

ウレタンて 凄—–い 実験です。

液体のウレタンがどんどん膨らんでいきます。
これだけ膨らむウレタンを 加圧をかけて圧縮して 硬質ウレタンになるのです。

米杉 三伸さんの投稿 2017年4月8日(土)

 

現場で吹き込むウレタンでは 膨らみっぱなしなので、密度が低いのと、手作業なので、厚みに均等性がでないことが 分かりますよね。

スタッフがお土産に 持って帰るようです。

次に隙間なく 充填できる実験です。

米杉 三伸さんの投稿 2017年4月8日(土)

 

枠の隅々まで 隙間なく 充填されていく様子が分かります。

現場吹きつけの場合は、均一性が保てない。断熱材の欠損ができる。
また、経年変化でも 縮んでいくので、断熱性能が落ちていくんですよ。

ウレタン断熱パネルって、やっぱり凄ーーーい。

そして、地震にも強い家 ほしいですよね。

 

価値のある家づくり 地域に発信!

               住宅ホームペ-ジ http://www.yonesugi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です