温かい家は寿命を伸ばす・・・!

『温かい家は寿命を伸ばす』  まだ知らない人は必見ですね。


冬の県別死亡率に注目です。

こんな記事が雑誌に掲載されたようです。

寒い北海道や青森の死亡率 低いですよね。
私達の住む 奈良県(近畿)、決して死亡率は低くないのです。
『冬の寒さに耐えるのが美徳』 とされてきた県なのでしょうか?
盆地で 夏の湿気も多く、冬も底冷えする奈良県。

今更ですが、はやり、家の温度と湿度と健康。 大事ですよね。
北海道は 断熱に費用をかけているので、結果的に疾患の死亡率は低いのです。
なぜ日本は、もっと早くから ここに気がついて 家の性能基準を上げなかったのか?

 

全館室温 冬でも18℃以上を 永く保てる家づくり
(少ない熱量で・・・)

服を選ぶときに デザイン見た目も大事ですが、素材選びの方が健康には大事なんです。また、その素材が長持ちすれば もっと良いですよね。

これから、家族が30年・・・50年と 元気に暮らす家。
断熱材 と 窓 と 気密性能。

この性能の仕組み全て 分かってないと 間違った断熱性の高い家になってしまいます。(結露が起きる・・・)
ここを分かってない メ-カ-・工務店が 多いのも現実です。

断熱材だけを高めても 気密性が中途半端であると 気密の低いところが冷やされて 結露を起こしてしまうのをご存知でしょうか?  (熱欠損・・・)

結露が起きると カビが生える。 カビが生えると木が腐る・・・。健康を損ねる・・・。

30年も前から この断熱に取り組んできた家 『FPの家』

間違ってなかったですね。弊社も20年前から断熱と健康について知り、北海道まで勉強しに行き、取り組んだ 『FPの家』 高気密・高断熱の家。

まだ、高断熱・高気密は体に悪い・・・。中気密のほうが良いと 唱えているメ-カ-・会社もあるが 本当の 温度と湿度、換気について 勉強不足なんですね。
仕上げだけを 自然の素材にしても 壁中の結露対策をちゃんとしないと(分かっていないと)良い住宅にはなりません。

中途半端に 気密性を良くしてきた ハウスメ-カ-の家づくりが 日本の家の寿命を短くしてきたこと。
北欧や住宅の先進国は 断熱性能・気密性能が高いので 家の寿命も永く、家の資産価値も高いのです。

 

長く快適に暮らせる、価値のある家づくりを 地域に発信!

               住宅ホームペ-ジ http://www.yonesugi-home.com

よねすぎの家 FBページ https://www.facebook.com/yonesugihome

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です