高性能住宅/よねすぎの家/賢い家2022/08/09

【家づくりコラム】外構にはいくらかかる?費用や失敗しないポイントをご紹介

こんにちは、よねすぎの家です。

家づくりで忘れてはいけないのが外構工事。家の外観だけでなく外構も考えておくことが大切です。

そこで今回は外構工事の費用や失敗しないポイントをご紹介します。

■外構工事とは?
外構とは、建物の周りのことで「エクステリア」とも呼ばれます。カーポートやガレージなど、家の外観を決める重要な工事です。

■外構の種類は?
外構工事の種類は3種類あります。

門や塀を作らず、開放感のある「オープン外構」
門や塀を作ってプライバシーを守る「クローズ外構」
両方の特性を併せ持つ「セミクローズ外構」

3種類の中では、クローズ外構の費用が高い傾向にあります。

■外構工事の費用はどのくらい?
外構の費用は建物の10%程度が目安とされています。外構の種類によっても費用は異なりますが、建物以外の費用も確保しておくことが大切です。

■外構費用を安く抑えるコツとは?
材料費を減らすことで外構を安くできます。装飾が多いと材料費が多くなる傾向にあるので、シンプルにすることで費用を抑えることができるでしょう。

■失敗しないポイントとは?
・家の周りの環境から外構の種類を決める
外構の種類は、立地によって適しているものが異なります。立地を慎重に見極めるようにしましょう。具体的には自然が多い環境の場合はオープン外構、人通りが多い場所ではクローズ外構が向いています。

・駐車スペースの広さを確認する
外構のカーポートの広さは車のサイズや台数を考慮して作ることが大切です。また、車から乗り降りがしやすいように余裕を持って設計しましょう。

・メンテナンスや防犯を考える
建物と同様に外構にもメンテナンスが必要です。メンテナンスの費用や点検のしやすさも考えておくと安心です。また、防犯対策として照明などを設置するというアイデアもあります。

建物と外構に統一感を出すことで、かっこいい外観を作ることができます。建物だけでなく外構についてもきちんと計画しておきましょう。

次回は【太陽光発電】についてのコラムをお届けします。お楽しみに!