高性能住宅/よねすぎの家/賢い家2022/09/08

【家づくりコラム】住宅ローン返済以外の支払いに注意!住宅の資金計画を解説

こんにちは、よねすぎの家です。

マイホームを建てた後は、毎月住宅ローンを返済していくというイメージを持っている方も多いと思いますが、実はローン返済以外にも維持費がかかり続けます。

そのため、あらかじめ住宅の資金計画についてよく考えておくことが大切です。

そこで今回は、住宅の資金計画について重要なポイントや注意点などをご紹介していきます。

資金計画で重要なポイントは?

資金計画では、無理のない資金計画を立てることが重要です。

希望の住宅を建てるには、どれくらいの費用がかかるのか、資金をどのくらい用意したらいいのかを把握した上で、無理なく返済し続けられるプランを考えましょう。

資金計画の注意点は?

諸費用を含めた工事費用の内訳を把握する
住宅を建てる際にかかるお金は、建物の本体工事費のほか、電気設備などの付帯工事費、引っ越しや住宅ローンの手数料などの諸費用がかかります。

頭金は日々の生活を考慮して決める
住宅ローンで家を購入する場合に、頭金が多いほど住宅ローンの返済が楽になります。
そのため、できるだけ頭金を多く用意することが推奨されていますが、頭金を多めに支払ってしまうと日々の生活に支障が出てしまうケースも。無理のない範囲で頭金を設定をすることが大切です。

ローン返済の他に維持費を考える
住宅ローンの借り入れ可能金額と、無理なく返済できる金額はイコールではありません。毎月返済に加え、維持費(家のメンテナンスコスト)もかかるため、無理のない返済金額で設定することが大切です。

各種住宅ローンのメリット・デメリットを把握する
住宅ローンには、「フラット35」「民間ローン」「財形融資」などがあります。それぞれのローンにメリット・デメリットがあるため、特徴を確認した上で住宅ローンを選びましょう。

次回は【かしこい家】をお届けします。お楽しみに!