高性能住宅/よねすぎの家/賢い家2023/01/12

【よねすぎの家づくり】経年劣化しにくい断熱材とは?

こんにちは、よねすぎの家です。

断熱材は、室内と室外の熱移動を遮断し、熱が伝わらないように作られています。
壁や天井、床下などに断熱材を効果的に使うことで、夏は涼しく、冬は暖かいマイホームが実現できるため、住宅性能を高めるために欠かせません。

しかし、どんな断熱材を選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、断熱材の種類や選び方のポイントについて解説します。

■断熱材の種類

断熱材は、大きく次の3種類に分類されます。

●繊維系断熱材
素材を繊維状にして作られた断熱材です。
ガラス繊維を使用したグラスウールや古紙を使ったロックウールなどがあります。
湿気に弱いものもあり、きちんとした施工方法で使用しなければいけませんが、手頃な価格帯であることが多いです。

●発泡プラスチック系断熱材
細かい気泡のあるプラスチックを使った断熱材です。
ポリスチレンフォームやウレタンフォームなどがあります。
気泡の中にガスを閉じ込めた種類のものは、より優れた断熱性能を発揮します。

●天然素材系断熱材
羊毛や炭化コルクなどの天然素材を使った断熱材です。
価格が高い傾向にありますが、調湿性能や防虫効果なども期待できます。
断熱材は経年劣化を考慮することが大切
素材によって差はあるものの、断熱材は経年劣化します。
そのため、経年劣化による影響を見越して、性能が高めのものを選んでおきましょう。

よねすぎの家のFPウレタン断熱パネルには、発泡プラスチック系断熱材の硬質ウレタンフォームを使っています。
耐水性・防湿性に優れており、経年劣化がほとんどみられない素材です。
また、万が一水害に遭った場合でも、そのまま再利用できます。

高性能住宅なら、よねすぎの家にお任せください!

次回もお楽しみに!