高性能住宅/よねすぎの家/賢い家2022/11/15

家づくりのプロが解説!「暖かい家が作れる会社」を見極める基準とは?

こんにちは、よねすぎの家です。

秋も深くなってどんどん気温が下がり、もうすぐ本格的な冬がきますね。
冬は暖房をしていても家の中はなかなか暖かくならないイメージがありますが、この背景には日本の家の断熱基準が低いことがあります。

ハウスメーカーや工務店などは、断熱基準をクリアしている会社が多いですが、本当に暖かい家が建てられるのかを見極める必要があります。

そこで今回は、よねすぎの家の経験豊富なスタッフが考える、暖かい家を作れる会社を見極める基準を解説します。

・ZEHについて説明できるか?
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)には、住宅会社によって「幅」があります。担当者に、具体的にどのようなZEHを建てているのか説明してもらいましょう。

国が定める数値基準を守るだけでは、本当に暖かい家が建つとは限りません。
例えば、北海道仕様UA値をクリアしているなど、基準よりもいい数値で家を建てているかを確認するのがおすすめです。

・気密数値を知っているか?
気密測定や数値についての質問をすることで、その会社がどのくらい気密性を重視しているかを見極めることができます。

暖かい家にするためには、家の中から暖かい空気が逃げにくいことも大切です。
よねすぎの家は全棟で気密測定をしているのですが、こうした測定も判断基準となるのではないでしょうか。

・自社工法についての知識があるか?
自社の工法について説明できることはもちろん、他社の工法についても知識があり、違いなどを説明できる担当者がいることも判断基準になりそうです。

・OB様宅訪問があるか?
新規のお客様にOB様宅をご紹介できる住宅会社は、施工に自信があると考えられます。

OB様宅訪問は、お客様のご厚意でお家を見せていただくものなので、家の引き渡し後もお客様と住宅会社が良好な関係を築けているといえます。

他にも、OB様の声がカタログやホームページに掲載されていることも判断基準になりそうです。

ぜひ住宅会社選びの参考にしてみてくださいね。
もちろん、よねすぎの家へのご来場もお待ちしております。

次回は【よねすぎの家のOB様宅訪問】についてご紹介します。
お楽しみに!